イチゴのスイーツ記事

ファミリーマートのイチゴのスイーツ記事を読みましたが、あまりそそられるものはありませんでした。
そもそもファミリーマートでは私のメインのカードが使えないのであまり行きたくないです。
そんなときはセブンイレブンですよ!
お昼を買いに行ったけど、めぼしいものが見つからず。
何気なくスーツを見たら[贅沢いちごもこ]というイチゴのシュークリームに目がいきました。
140円(税込151円)で、安くはない。
でもパッケージからして美味しそうな新商品でした。
これもネット記事で見たことがあります。
迷った末に購入しました。
感想としては「いまいち!!」です。
まずいわけではないですよ。
イチゴの果肉が入っているし、甘すぎないしちゃんとイチゴのクリームです。
でも二度目はないなって味でした。

[線の波紋]

[線の波紋]を読みました。
短編かと思ったら連作でした。
子供が誘拐されて、再婚した旦那が倒れてしまい、というはじまりで暗い。
子連れで再婚したので受け入れてくれているのかという不安もある中で、旦那さんからの愛が書かれているわけですが私は逆効果でしょ!と思いました。
コレを不器用な愛ってされてもねぇ。
子供が帰ってきて良かったと思ったら次は違う人の視点で話しが始まります。
考えたうえでの先回りだったのに墓穴を掘るってありますね。
女性刑事さんの男を見る目がなさすぎるのもどうかと思います。
そもそもあまり会っていないのに付き合うかな?
最後の、「微笑みながら死んでいった理由」は切なかったけどそれの種明かしの方法が意味不明でした。
もっとストレートにできなかったのか?

有料でCMを飛ばすことが出来る

YouTubeで有料でCMを飛ばすことが出来るサービスをはじめるそうです。
数百円かと思ったら千円以上もします。
これに入る人っているんですかね。
そもそも、youtubeはほとんど見ないので私としては必要性は全くありません。
動画にCMを入れるのってそんなに広告収入があるんでしょうね。
私は邪魔なものを見せられた、早く終わってくれないかなという印象があるからそのCMの商品に対してもよくない印象になりますよ。
しかも同じものばかりだと余計にね。
Youtubeをよく見ます!という人に対しても、少々良くいない印象があるのでそれも一緒ですかね。
それで生活費を稼いでいる輩のとこも好きじゃないですしね。
便利ですけどあまり関わり合いにはなりたくないということもあります。(笑)

マラソン中に脇腹が痛くなる

マラソン中に脇腹が痛くなることってあるでしょ?
と、同僚薬剤師LLさん。
まじめにやっていたのは小学生の頃と中学生の頃で確かにたまにありましたね。
ただでさえ、マラソンなんて大嫌いなのに嫌な予感しかない瞬間ですね。
マラソンをしている時に脇腹が痛くなった時は、痛い方の腕をあげてそらせると良いそうです。
ガスが脇腹にたまってしまって痛くなるのが原因なので腕をあげることと走る振動でガスが分散されるんですって。
それ、子供の頃に知りたかった!!って言っちゃいました。(笑)
そういう豆知識的なものは学校の先生が生徒に教えて欲しいですよね。
ただたんに運動をするのではなく不測の事態にもそなえて、それを学ばせるべきですよ!

生きていくために必要なこと

「女性」はいったいいつまで「男性」のご飯を準備するものなんでしょうかね。
専業主婦だったら死ぬまででしょうか。
定年を迎えた父親のお昼ご飯なんて、自分で勝手に食べさせればいいじゃんと思います。
働いていたとしても、外出している妻がわざわざ夫のお昼ご飯の心配をしなきゃいけないなんて意味不明ですよ。
あと、実は父親だって自分の好きなものを食べたいかもしれない?
まあ、食べられればなんでもいいという感じはしますが。
用意しないとあてつけみたいにインスタントのお茶漬けのみを食べる父。
同じ女として、あてつけだと思う気持ちもわかりますが、さっぱりしたものを食べたかったかもしれないし、満腹になればなんでもいい現れでは?とも思う。

爪に生きているアリ

ネイルに凝っている人は近くにはいませんけど清潔感があればよいと思います。
まあ、個人的には長い爪の人は料理をするときに不衛生だなと思うし、そもそも自炊しているのかな?って印象です。
爪に生きているアリを入れたロシアの人気ネイルショップ。
写真で見たら生きているのかもしれないけど閉じ込めている周りのものがクリアな色をしていないので、黒いゴミみたいにしか見えません。
以前には死骸を入れたネイルをしていたようです。
死んでいるのももちろんですけど、生きているものをネイルに閉じ込めるなんて悪趣味だし信じられません。
そりゃあ、部屋の中に虫がいたら殺してしまうこともありますから、虫の命が!なんて高らかに言えません。
でも自分の一部にするのはエゴとしか思えません。

いきなりあるとびっくり

いつだったかTwitterのリツイート数が多いもので、とてもおもしろかったものがありました。
田舎には『いきなりステーキ』は無いけれど田舎には『いきなり玄関に誰かが置いてった野菜』がある。
というやつです。
いきなりステーキ、人気ですね。
私は食べたいとは思わないので行きたいとは思いません。
ただこの自虐は、いきなり玄関に誰かが置いていった野菜というところがツボです。
まあ、めったにないですけど私も実家で経験したことがあります。
メッセージもなにもなく、いきなりもっさーっとあるんですよ。
土のついたままとか新鮮そうなのはわかるけど、虫がはっていそうで私としてはものすごく迷惑だし怖いです。
うちも田舎ですけど、さすがに玄関の中にはないですね。
玄関のわきあたりにおいてあるとびっくりします。

夏なんてなくなればいいのに

暑い。そんなときは自宅ではどんな格好をしていますか?
私はTシャツに短パンですね。
そんな姿では急な訪問者を迎えることは出来ません。
まあ、訪問してくる人なんてめったにないんですけどね・・・。
だから自室から出るときは長袖シャツとズボンを持って移動します。
咄嗟に着用することができるように。
暑い夏は本当にめんどくさいなぁと思います。
今日はもう本当に暑くて外はすごく強い風が吹いているのに、その風自体がものすごく暑い。
熱風を浴びても涼しいなってことにはもちろんなりません。
夜になったらきっとその風が涼しさを運んでくれるはず!
と信じてみます。
寝るときは窓を網戸にして寝たいのでそうじゃないと困りますよ…。
夏なんてなくなればいいのに…。

いろいろなアイデアを出せる人

起業する人はいろいろなアイデアを出せる人、という印象があります。
先日テレビで見た人は、人によっては物を置いておくスペースがないという人がいると気が付いたことからはじめたサービスです。
子供が独立して一部屋開いている、そのスペースを一時的に人に貸してお金がもらえるとなったらお得ですよね。
そこに人が住むとなったらシェアハウスになっちゃうし、その人との問題がいろいろ出てくるでしょう。
しかし一時的に物を預かるだけなら難しいことはありません。
需要があるみたいですけが、これって何を預かるのかわからない場合はあるんですかね。
段ボールで預かって中身は知らないままって、何かの犯罪に巻き込まれたりはしないだろうかとちょっとミステリー小説風に心配になりました。

イケメン薬剤師がやってきた話

私は小さな薬局で働いている薬剤師です。
先日、うちの薬局に新人薬剤師が入ってきました。
その薬剤師っていうのがたいそうなイケメンで…
同僚の女性薬剤師たちのはしゃぎようったら…
見ていて恥ずかしいくらい。
うちの薬局は今までオジさん薬剤師しかいなかったから余計にみんなのテンションは上がってしまったのかもしれないけど。

私はイケメンは嫌いじゃないけど、そんなに興味もありません。
だって大抵のイケメンて性格良くないじゃないですか。
そのイケメン薬剤師がどんな性格かは分かりませんけどね。
まだ入ってきたばかりだし…

でも私と同じ歳ぐらいの同僚女の子はそのイケメンを本気で好きになってしまったみたい。
やめときなよって言っても聞きません…
職場恋愛なんてろくな事がないんだから。

私の同級生の友達は何人か職場恋愛をしていて、そのまま結婚する場合はいいのだけど破局してしまった場合は…
だいたい仕事を辞めているのです。
好きになったら盲目になってしまうものだけどねぇ。

小さな薬局だから余計に何かあったら気まずくなってしまうものです。
2人だけの問題ならいいけど、同僚である私たちまで気を使うようになったら…
考えただけで疲れてしまいますよ。
どうなることやら…
知り合いに共済病院の薬剤師の仕事内容きいたら羨ましくなっちゃいましたよ。