スーパー拡大内視鏡検査

2ミリほどのポリープでも細胞レベルで拡大できます。
450倍にもなるのですぐに良性かどうか確認ができるんですね。
ガンがみつかると血便や便が細くなる、下痢と便秘を繰り返すことがあります。
寒気とともに激しい腹痛とおう吐があったとき、みなさんは普通に風邪だと思いますよね。
しかしその半年後にはガンが発見されました。
こぶしだいのガンは20年も放置したことになりました。
大腸の奥にできるポリープは血便も出なくて自覚症状がない場合があるんですね。
ポリープ型ではないガンがあるってご存知ですか?
かん凹型はポリープ型の3倍の速さで進行。
表面に直接できるガン
早期がんは自覚症状の場合はほとんどない。
自覚症状が出たあとに検査した人は3割はガンが移転している。
大腸がんは日帰り出来る。
毎年大腸ガン検査をするようになればガンで亡くなる人は8割は減る。
早期でみつけることが重要です。